CMSとは「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、Webサイトを管理・更新が簡単にできるシステムのことを言います。

CMSを導入する事で初心者でも簡単にサイト更新が可能になります。

今回は無料で利用できるCMSツールをいくつかご紹介します。

WordPress(ワードプレス)

2015-11-24_19h20_19

世界シェアNo1の定番CMSです。拡張性や安定性、高ユーザビリティなど数多くのメリットがあります。

プラグイン(拡張機能)も豊富で、ほとんどの機能は網羅できてしまいます。

またユーザー数が多いということもあり、ネット上に情報も豊富で、関連の書籍も多数出版されています。

セミナーやイベント(WordBench)なども多数開催されています。

WordPress(ワードプレス)

Concrete5(コンクリートファイブ)

2015-11-24_19h29_31

ブラウザ上でサイトの更新やコンテンツの追加・削除ができるCMSです。

ページに配置したコンテンツの順番をドラッグ&ドロップで自由に並び替えが出来るなど、視覚的に簡単に操作できるという特長があります。

シンプルな設計と直感的な操作が可能ですので、WordPressに難しさ感じた方にはおすすめです。

Concrete5(コンクリートファイブ)

EC-cube(イーシーキューブ)

2015-11-24_19h33_59

ECサイト構築システムに特化したCMSです。

ASPではできなかった独自性の高いECサイトの構築が無料で出来ます。デザイン性に優れたテンプレートも多く、管理画面も分かりやくなっていますので簡単にショッピングサイトをオープンできます。

クレジットカード決済システムなども簡単に追加することができ、商品管理、受注管理、顧客管理、メルマガ等の機能も充実しています。

EC-cube(イーシーキューブ)

baser CMS(ベーサーシーエムエス)

2015-11-24_20h02_34

国産オープンソースでコーポレートサイトにちょうどいいCMSとして評判です。

CakePHPを利用して開発されたシンプルで高機能なフリー(無料)のCMSです。

コーポレートサイトに最低限必要となるメールフォーム、ブログ、フィードリーダーが標準装備で、無償(無料)で配布しています。

baser CMS(ベーサーシーエムエス)

MovableType(ムーバブルタイプ)

2015-11-24_20h09_52

WordPressは2005年に登場しましたが、MovableTypeは2003年から開発・提供と、CMSとしての歴史は長いです。

個人利用の場合は無料でダウンロードできます。

セキュリティが高く、有償ライセンス購入で公式サポートが受けられます。

ユーザー数もまだまだ多く、カスタマイズに関する情報サイトが豊富です。

大規模サイトの構築、複数サイトの一括運営に向いています。

MovableType(ムーバブルタイプ)